top of page
検索

着装認定試験2023

更新日:4月1日

着装認定試験の日がやって参りました。

今年は受験生も多く大変賑やかな試験になりました。(勿論、試験中はみんな集中して静かです!)

会場となった名古屋支部から当日の様子を先生がレポートして下さったのでご紹介します♪

         

【1級受験者実技試験】

1級実技では留袖二重太鼓の自装、振袖ふくら雀の他装を行います。


3月8日東亜和裁名古屋支部にて着装認定試験が開催されました。

今年は16名と沢山の人が受験してくれました。

      

【2級受験者実技試験】

2級実技では付下げまたは訪問着と二重太鼓の自装&他装を行います。


ずらりと並んで一斉に試験スタートです。

練習よりも焦って早く出来上がってしまい、もう少し裾や襟がきれいに出来るはずだった人が多かったです。


後半は疲れも出てきて大変だったと思いますがみんな頑張ってやりきってくれました!

最近東亜和裁では着装講習を受ける人が増えてきています。

″縫えて着せられる和裁技能士"が増えていくことを嬉しくおもいます。

    

最後に、今年の師範受験者の振袖創作帯でタイトルは「千の光彩」です。


これは受験者が考えたオリジナルの帯結びでタイトルも考えました。 左後ろに志古貴を使ってリボンを作ってあり工夫が見られます。


 

みんな無事に合格出来ますように!!



閲覧数:115回

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page